東京外国語大学・東京農工大学・電気通信大学による文理協働型グローバル人材育成プログラム

サイトマップ

2021年度春季「高校生グローバルスクール」
協働高大接続プログラム

2021年度春季「高校生グローバルスクール」

日 時:
2022年3月20日(日)、21日(月・祝)
 
会 場:
オンラインにより実施

概 要
2022年3月20日(日)と3月21日(月・祝)に2021年度春季「高校生グローバルスクール」を開講しました。今年度は新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点から、すべてオンラインで実施いたしました。『コロナの経験から未来を考える』をテーマに、三大学それぞれの講師による講義や演習を経て、ディスカッションをして課題の解決方法の探求に取り組みました。

プログラム
3月20日(日)
9:15 開会式・オリエンテーション
9:20 アイスブレーク
10:00 基調講演
11:00 昼食休憩
12:00 電気通信大学プログラム
13:30 東京外国語大学プログラム
15:00 東京農工大学プログラム
16:30 第一日目終了


3月21日(月・祝)
9:15 グループディスカッション
10:45 グループディスカッションと発表資料作成
12:00 昼食休憩
13:00 グループディスカッションと発表練習
14:30 グループ別プレゼンテーション
15:30 まとめ・講評
16:00 ふり返りの時間
16:30 第二日目終了

開会式・オリエンテーション
開会式
オリエンテーション

基調講演
「新型コロナウイルス感染症から学ぶこと、次の新興ウイルス感染症に生かすこと」 (東京農工大学 農学部附属感染症未来疫学研究センター 水谷 哲也 教授)

 COVID-19感染の状況をふり返り、将来やってくる未知のウイルスの可能性についてお話を聞きました。また、未知のウイルスに対策するためのアイデアとして、ウィルスを減らす食品について、高校生が水谷先生の指導で研究した「病原体を破壊する食品の探索」に関する研究について紹介していただきました。
参考図書「新型コロナ超入門 次波を乗り切る正しい知識」水谷哲也・著(東京化学同人)

電気通信大学プログラム
「CO2 センサーを用いた「空気品質」の調査と管理」(電気通信大学 i- パワードエネルギー・システム研究センター長 横川 慎二 教授)

  室内環境に対する漠然とした不安を解決するために、CO2センサーを利用して室内の換気の状態の情報を正しく提供する試みについて講演1していただきました。

「マイコンとセンサーを用いたCO2濃度の計測実験」(電気通信大学 教育研究技師部 笹倉 理子)

教育用マイコン micro:bit と NDIR方式のCO2センサーを使って、箱の中の空気中のCO2濃度を測定するデモンストレーションを実施しました。

東京外国語大学プログラム
「日本における多文化共生を考える―SDGs・ゴール4 達成に向けて私たちにできるコトとは?」(東京外国語大学 世界言語社会教育センター 小島 祥美准教授)

  日本に住む外国につながる子供たちの現状について紹介していただき、日本における多文化共生を考える興味深い講演をしていただきました。

東京農工大学プログラム
「未来の医療を開拓する生体医工学」(東京農工大学 工学部 生体医用システム工学科 桝田晃司准教授)

医療の歴史、現在の状況や最新の技術を紹介していただき、未来の医療技術を作る生体医療工学について講演していただきました。

グループ別ディスカッション
3大学のプログラムの後、グループごとのテーマをもとに、ディスカッションをしました。

グループ別プレゼンテーション
ディスカッションした内容をまとめて、プレゼンテーションしました。それぞれのグループで話し合った内容を全員で共有し、他のグループからの質問も交えて、ここでも活発に議論がされました。
 

Webページ
2021年度春季グローバルスクールの募集Webサイト(参考)