東京外国語大学・東京農工大学・電気通信大学による文理協働型グローバル人材育成プログラム

サイトマップ

協働共通・専門教育プログラム

プログラム概要

世界が抱えるさまざまな複合的な課題の解決には,専門性にしっかりと軸足を置きながら,文科系や理工系の枠組みを越えて互いに協働できる能力が求められます。東京外国語大学、東京農工大学、電気通信大学では,それぞれの専門教育に加えて,専門分野を異にする三大学の学生の皆さんが一緒にグループを作って課題の解決に取り組む授業科目を開講しました。さらに授業科目の英語化などのグローバル人材育成ための取り組みを進めています。協働共通・専門教育プログラムに関連する主な授業科目や活動は次のものがあります。

3大学協働共通基礎ゼミ

1年生を対象に10名程度の三大学混成の学生チームで,それぞれの大学の先端的な研究を体験するゼミです。ゼミ参加後には学生チームが集合して合同発表会を開きます。

3大学学生のための英語で授業を行う科目

それぞれの大学では英語で開講されている授業科目も多くありますが,それらの授業科目に加えて3大学の専門分野を異にする学生も対象とする入門的な授業を揃えました。

3大学合同合宿コロキウム

3大学の卒業研究や大学院での研究をしている学生が,文系理系を越えて互いの研究を発表し討論をするコロキウムです。このコロキウムの運営は学生が中心となって行っています。

お知らせ

2017/04/30
2017年協働共通プログラムの科目案内がでました。 詳しくはコチラ NEW