東京外国語大学・東京農工大学・電気通信大学による文理協働型グローバル人材育成プログラム

サイトマップ

三大学共同大学院について

共同サステイナビリティ研究専攻(2019年度設置申請中)

東京外国語大学、東京農工大学、電気通信大学の西東京三大学は,それぞれの教育研究資源の強みを結集し、貧困、紛争、食料・資源、エネルギー・環境、情報・ICTなどの地球規模の課題の解決に貢献できる文理協働の博士人材の養成に向けて「共同サステイナビリティ研究専攻」を設置します。      

※記載の内容は設置構想中のものであり、変更される場合があります。

特色
  • ○これまでの三大学による様々な連携事業の実績を基に人材養成を展開
  • ○文理各分野における卓越・ユニークな単科大学の協働により、国内外で活躍する強い人材を養成
  • ○西東京エリアの近接地における実質的・効果的な教育の展開
  • ○複合新領域の研究の推進
人材像

自身の専門性に軸足を置き、その専門的な観点からSDGsの課題を捉えつつ、他分野の研究成果を取り入れることによってイノベーションを生み出すことができる学際的・越境的な実務人材の育成

具体的な能力・学識
  • ○普遍的かつ実践的学識を基盤とする国際感覚と倫理観(国際的センス)
  • ○国際社会の現場で広範に適用できる実践的な基礎倫理と技法(スキル)
  • ○政治・経済、食料・生命、エネルギー・資源・環境、ICT・人工知能、医療・福祉・健康等の領域に おける高度で専門的な知見と研究力
  • ○異文化・異分野の背景や価値観を理解し、多様な見解を調整できる適用力と調整できる合意形成力
  • ○国際通用性のある論理的思考力と機能伝達能力(コミュニケーション力)
入学定員
  • ○東京外国語大学(総合国際学研究科)   3名
  • ○東京農工大学(工学府)         4名
  • ○電気通信大学(情報理工学研究科)    4名
学位

Doctor of Philosophy 博士(学術)

お知らせ

2018/06/02
サステイナビリティ研究専攻の概要 詳しくはコチラ NEW