「高校生グローバルスクール」のご案内

 

 現代のグローバル社会が抱える様々な課題の解決には、文系や理系といった学問の枠組みを越えた発想が必要です。そこで、西東京に所在する3つの国立大学(東京外国語大学、東京農工大学、電気通信大学)は、それぞれの大学の特徴を活かした専門分野の教育だけでなく、文系・理系という垣根を越えた「協働」を学ぶ実践型のグローバル人材育成プログラムを立ち上げました。

 

 2019 年度夏季に開催する「高校生グローバルスクール」は、この文理協働を理解する高校生のためのスクールです。文系を志望する人、理系を志望する人、そしてもちろんまだ分野を決めていない人、いずれの皆さんも歓迎します。様々な志を持った人たちと一緒に、グローバル社会が抱える課題の解決策を考えてみませんか。


資料請求はこちら
上へ戻る

セミナーについて

1.高校生グローバルスクールの内容について

 2015年9月、ニューヨーク国連本部において150を超える加盟国の参加した「国連持続可能な開発サミット」が開催され、『我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ』が採択されました。このアジェンダには、「SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)」と呼ばれている、人間、地球および繁栄のための17 の目標が掲げられています。

 

 今回の高校生グローバルスクールでは、SDGs の目標の1つである「Sustainable Cities and Communities( 住み続けられるまちづくりを)」をテーマに選び、高校生の皆さんといっしょに考えたいと思います。

 

 世界の人口のおよそ半数の35億人が都市で生活しています。都市で生活している全ての人々が安心で快適な生活を送っているでしょうか。あなたの町の空気はきれいですか、ごみ処理はどうしていますか、便利に交通機関を利用できますか。世界では都市に住む90%の人々が汚れた空気の中で生活していると言われています。都市のなかの8億人の人々がスラムで生活しており、その数は増えつつあります。世界には人口密集と立地条件から自然災害を受けやすい都市も多くあります。その他にも、都市のエネルギー消費量の大きさなど、世界には解決を求められている多くの課題があります。

 

今回の高校生グローバルスクールでは,三大学の特徴ある講義や演習を受講し,参加者のディスカッ ションからグローバルな課題の解決への道筋を探ります。

 

※「SDGs」については、インターネットで検索するか、下記のWebサイトを参考にしてください。

[国連広報センターウェブサイト]:

http://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/

[国連広報センターによるビデオ]:

持続可能な開発目標(SDGs - Global Goals)

 

2.日程

 第1回 2019年 7月26日(金)

 第2回 2019年 8月3日(土)

※ 第1回、第2回は同じプログラムですが、会場が異なります。三大学をそれぞれ会場とするスクールです。

3.会場

  1. 東京外国語大学:府中キャンパス(東京都府中市朝日町3−11−1)
  2. 東京農工大学:府中キャンパス(東京都府中市幸町3-5-8)
  3. 電気通信大学:調布キャンパス(東京都調布市調布ヶ丘1-5-1)

※ 大学間の移動は貸切りバスを利用します。

4.参加資格

高等学校の1年生・2年生、および中等教育学校4年生・5年生

5.参加費

無料

 

■会場までの往復交通費、昼食代は各自ご負担ください。

■昼食については、会場となる大学の学生食堂の利用ができます。

6.募集人数

各回 36名

7.応募方法

Webエントリーを済ませた後、応募書類を郵送してください。Webエントリーのみでは申し込み完了となりませんので注意ください。

1) Webエントリー

Webエントリー期間: 2019年 5月13日(月)~ 2019年 6月19日(水)

■受付期間に、このページの上下にある[エントリー]ボタンから「2019年度夏季 高校生グローバルスクール 申込ページ」に入り手続きをお願いいたします。

■エントリーすると、「お申込完了メール」が届きます。この「お申込完了メール」に記載された「エントリーID」を、課題作文の原稿用紙および参加確認書の「エントリーID」の欄に記入してください。

2) 応募書類の提出

  1. 応募書類受付期間 2019年6月7日(金)~ 2019年6月20日(木)必着
  2. 提出書類
    1. 1)「課題作文」
      「8.課題作文」をお読みください。原稿用紙は、こちらよりダウンロードして利用してください。応募者多数の場合、「課題作文」とエントリー時に記入していただく志望動機により選考を行います。
    2. 2)高等学校・中等教育学校からの参加申込確認書
      高等学校の担任の先生、進路指導の先生などに記入いただいた参加申込確認書を提出してください。
      参加申込確認書はこちらよりダウンロードして利用してください。
  3. 提出書類の郵送先
    〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
    電気通信大学 協働高大接続教育センター
    (アドミッションセンター内)
    2019年度夏季「 高校生グローバルスクール」課題提出係

 

3)選考結果の通知

選考の結果は、2019年7月2日(火)に応募者全員に発送します。通知が届かない場合は、10の問合せ先に連絡してください。

4)お申し込みの流れ

お申し込みの流れは、下のようになります。

■Webエントリーには株式会社フロムページのオープンキャンパスプログラム管理システムを利用しています。

8.課題作文

課題作文のテーマ:
「都市に住む世界のすべての人々が安心して快適に生活できること」への課題とその解決の方法について800 字程度でまとめなさい。

  1. 都市に住む全ての人々に安心できる住居や基本的なサービスが提供されているでしょうか。生活環境を改善するにはどのような取組みが必要でしょうか。
  2. 高齢者や障害者を含むすべての人々が公共の施設を十分に利用できているでしょうか。容易に利用できるためにはどのような取組みが必要でしょうか。
  3. 世界の都市が抱える交通の問題はどのようなものでしょうか。高齢者や障害者を含むすべての人々のニーズに答えるにはどのような交通システムでしょうか。
  4. 都市と農村とは良好な関係でつながっているでしょうか。農村が発展するためにはどのような開発を行えばよいでしょうか。

■課題作文の原稿用紙には、高等学校名・学年・氏名、[ お申込完了メール ] に記載された「エントリーID」を「エントリーID」の欄に記入してください。

■参考にした本や文献がある場合には、文末に著者名・出版年・資料名を記載してください。Webサイトの場合には、サイト名・閲覧年月日・URLを記載してください。(文字数には含みません。)

■絵や図を使ってもかまいませんが、課題作文の原稿用紙と別のA4 の用紙1 枚にまとめてください。

9.資料

[資料となるWebサイト]

以下の、各ページではSDGs の17の目標について、目標別になぜこの目標が設定されたのか、何が問題となっているのか、取り組まなかったらどうなるのか、私たちには何ができるのかなどを、説明するページです。A41枚の(両面)で短くわかりやすくまとめたパンフレットも掲載されています。

 

  1. SDGs を17の目標ごとにわかりやすく紹介したチラシ、SDGs シリーズ「なぜ大切か」(国連広報センター)
  2. United Nations Sustainable Development のWebサイト
  3. Helping governments and stakeholders make the SDGs a reality(UNITED NATIONS)

10.問合わせ先

〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
電気通信大学 協働高大接続教育センター
(アドミッションセンター内)
電話:042-443-5914
e-mail:contact@kodai.uec.ac.jp

上へ戻る

「高校生グローバルスクール」のタイムスケジュール

※ 解散後、バスは電気通信大学に戻ります。17:30 過ぎになりますが、乗車も可能です。

上へ戻る